プルシェンコが復帰戦V SP、フリーで4回転成功

[ 2011年12月27日 18:39 ]

 フィギュアスケートのロシア選手権は26日、サランスクで行われ、バンクーバー冬季五輪男子銀メダルのエフゲニー・プルシェンコが前日のショートプログラム(SP)に続いてフリーでも4回転ジャンプを決めて合計259・67点をマークし、同五輪以来の復帰戦を9度目の優勝で飾った。昨季の世界選手権3位のアルツール・ガチンスキーが2位。

 新華社電によると、29歳のプルシェンコは「完全復活にはまだやることが多いが、勝ててうれしい」と話し、来年1月の欧州選手権(英国)終了後に左脚の手術を受ける意向を示した。

 プルシェンコは国際スケート連盟の規定違反で一時選手資格を剥奪されたが、6月に復帰が認められ、自国開催の2014年ソチ冬季五輪に出場可能となった。(共同)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年12月27日のニュース