男子SP 高橋が大差のトップ!小塚2位、羽生4位

[ 2011年12月23日 21:01 ]

男子SPの演技を終え、笑顔を見せる高橋大輔

 フィギュアスケートの世界選手権(来年3月・ニース=フランス)代表最終選考会となる全日本選手権は23日、大阪なみはやドームで開幕し、男子ショートプログラム(SP)はグランプリ(GP)ファイナル2位の高橋大輔(関大大学院)が4回転―3回転の連続ジャンプを決めて96・05点の高得点を出し、トップに立った。

 2連覇を狙う小塚崇彦(トヨタ自動車)が85・60点で2位、町田樹(関大)が74・64点で3位につけ、17歳の羽生結弦(宮城・東北高)は74・32点で4位だった。織田信成(関大大学院)は左膝のけがで出場していない。

 全日本の得点は世界歴代最高として認定されないが、2年ぶり5度目の優勝を狙う高橋はパトリック・チャン(カナダ)が持つSPの最高記録を3・03点上回った。

 ペアSPは唯一出場の高橋成美(木下ク)マービン・トラン(カナダ)組が57・42点をマークした。

 女子SPは24日に行われる。

 ▼高橋大輔の話 (4回転―3回転の連続ジャンプ成功は)自分自身でも驚いている。降りてしまえば簡単なものなんだと思った。この緊張感の中でやることが経験になる。ただ4回転以外は今季の中でも良くなかった。

 ▼小塚崇彦の話 いい演技ができたと思う。気持ち良く滑ることができた。今季は自分自身の滑りができていなかった。去年は優勝したけど、フリーで悔しい思いをしたので、ミスなく滑りたい。

 ▼羽生結弦の話 SPで(滑走順が)あとの方は最近なかなかなかった。それで緊張してしまった。SPで力が出し切れなかったので、有り余っている。フリーで出せるようにしたい。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年12月23日のニュース