米満 圧勝で男子の五輪代表第1号に決定

[ 2011年12月23日 06:00 ]

<全日本レスリング選手権 男子66キロ級>決勝で池松を破った米満は喜び爆発

レスリング全日本選手権第2日

(12月22日 東京・代々木第2体育館)
 男子フリー66キロ級で世界選手権銀メダルの米満が、決勝でアテネ、北京五輪代表の池松にフォール勝ちするなど圧倒的な強さで優勝し、男子の五輪代表第1号に決まった。

 「夢みたい」と話したが、男子で最も金メダルに近いと期待されるだけに「ロンドンで金を獲りたい」と宣言した。世界選手権後、武器の体力とタックルに加え「ゆさぶり」と表現する駆け引きも身につけた。「土台は完成した。あとはエッセンス。あすから逆算してやりたい」と早くも五輪を見据えて動きだした。

 ◆米満 達弘(よねみつ・たつひろ=男子フリースタイル66キロ級)昨年の広州アジア大会で金メダルを獲得した。世界選手権で09年は銅メダル、今年は銀メダル。全日本選抜選手権は3連覇。拓大出、自衛隊。1メートル68。25歳。山梨県出身。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2011年12月23日のニュース