イランのベラスコ監督 日本の試合だけ休息が長いことなど批判

[ 2011年12月4日 21:32 ]

W杯男子大会

 イタリアを率いた経験もあるイランのベラスコ監督は、日本の試合だけテクニカルタイムアウトの時間や第2、3セット間の休息時間が長いことを「同意できない。これは五輪予選で、全てのチームが同じ条件でやらないといけない」と批判した。

 国際バレーボール連盟(FIVB)広報担当によると、大会中継権を持つテレビ局から要請があり、FIVBが承認すれば時間変更できるという。同監督は「こんなことをやっているのはバレーボールだけ」と憤った。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年12月4日のニュース