千代大龍ほろ苦会見…九重親方「喜んでる場合じゃないよ」

[ 2011年11月30日 19:06 ]

新十両を決め、記者会見で九重親方(右)と握手する名月院改め千代大龍

大相撲初場所番付編成会議

 明月院改め千代大龍は30日、福岡市中央区の九重部屋宿舎で記者会見を行ったが、師匠の九重親方(元横綱千代の富士)から再三にわたって厳しい言葉を受け、ほろ苦い会見となった。

 日体大出身で昨年の学生横綱。九重親方は相撲に取り組む姿勢が物足りないようだ。隣に座る本人をにらみ「まじめじゃない。褒めるところがない。十両に上がって喜んでる場合じゃないよ」と強く奮起を促した。

 目標とする佐ノ山親方(元大関千代大海)にちなんだしこ名を名乗る23歳。「心も体も入れ替えて、師匠に恩返しをする」と180センチ、166キロの体を小さくした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年11月30日のニュース