自力優勝消えた明大、伝統の早明戦へ決起集会

[ 2011年11月30日 06:00 ]

 明大ラグビー部は東京・八幡山の合宿所で早明戦(12月4日、国立)へ向け決起集会を開いた。

 前戦帝京大戦(20日)に負けて自力優勝が消滅。この日から練習を再開したが士気が落ちていたため、伝統の一戦を前に「もっと気持ちを出さないといけない」(CTB溝口主将)と選手たちが自主的に集まり気合を入れ直した。吉田義人監督(42)は「優勝が懸かっていた帝京大戦は緊張でガチガチだった選手も今度は大丈夫でしょう」。就任3年目での早大戦初勝利に手応えを感じていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2011年11月30日のニュース