九州場所不入り一因は九州電力の動員不足

[ 2011年11月29日 06:00 ]

 日本相撲協会の放駒理事長(元大関・魁傑)が横審の席上、九州場所の不入りの一因として、原発問題を抱える九州電力から例年のような集客面の協力が得られなかったことを挙げた。

 内山委員によると、理事長は「九州は例年苦労しているが、今回は九州電力が積極的に動員できなかったことも影響した」と説明したという。九州場所では満員御礼が昨年よりも2日少ない2日間だけだった。横審は秋場所後に観客動員を工夫するように協会へ注文を出していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年11月29日のニュース