女子日本代表 五輪最終予選“前哨戦”8強令

[ 2011年11月29日 06:00 ]

 ハンドボールの女子世界選手権(12月2~18日、ブラジル・サンパウロ)に出場する日本代表が28日、都内で合宿を公開した。

 既に10月のロンドン五輪アジア予選で2位になり、来年5月の世界最終予選の出場権を獲得。今大会の成績は五輪出場に影響しないが、韓国人の黄慶泳(ファンギョンヨン)監督は「目標はベスト8」と高いハードルを設定した。前線からの激しい守備が日本の持ち味だが「下がって守ることも準備している」と世界最終予選を見据えて、戦術の幅を広げていく意向だ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年11月29日のニュース