宮里優が来季アジア進出 国内と並行して挑戦も

[ 2011年11月29日 06:00 ]

宮里優作

 男子ゴルフのカシオ・ワールドオープンで2位に入った宮里優作(31=フリー)が来季、アジア進出の意思を固めていることが28日、分かった。アジアンツアー、ワンアジアツアーのどちらかの最終予選会を受験する方針で、日本シリーズ終了後に決断する見込みだ。

 アジアンなら来年1月18~21日にタイで、ワンアジアなら来年1月10~13日にマレーシアでの最終予選会に臨む。上位の成績を収めれば、アジアンツアーに参戦する平塚哲二、市原弘大らのように国内とアジアを股に掛けて戦うことになる。

 過去に米ツアーの予選会に挑戦した経験もあり、海外志向が強かった宮里優は「日本ツアーは開幕が遅く、開幕後も空き週が多い。それに、あちこち行った方が自分のためになる」と理由を語っている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年11月29日のニュース