抜群の安定感でV貢献!アボット2年連続MVP

[ 2011年11月8日 06:00 ]

 日本ソフトボール協会は7日、スポニチ後援第44回日本女子ソフトボールリーグの個人賞及び表彰選手を発表し、最高殊勲選手賞にはトヨタ自動車のモニカ・アボット投手が2年連続で選ばれた。

 今季は10勝2敗で、最多勝利投手賞に輝いた上野由岐子(ルネサスエレクトロニクス高崎)の11勝には及ばなかったが、防御率0・55で最優秀投手賞を獲得するなど、安定した投球でチームを3年連続リーグ戦1位に導いた。決勝トーナメントのルネサスエレクトロニクス高崎との2度の対戦でも許した安打はわずか1本という抜群の内容で連覇に貢献した。表彰式は12月8日に大阪市のラマダホテル大阪で行われる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2011年11月8日のニュース