桂治「実力負け」…ロンドン五輪で雪辱誓う

[ 2011年8月28日 06:00 ]

<男子100キロ超級>3回戦でロダキ(奥)に敗れた鈴木

柔道世界選手権第5日 男子100キロ超級

(8月27日 フランス・パリ、ベルシー体育館)
 2メートル近い相手の圧力を、まともに受けてしまった。指導3を受けたあとに、逆転を狙った鈴木だが、投げを返され一本負け。「技が出なかった。自分は組み合う柔道なんだけど、力で押しつぶされるとね。実力負けだと思います」。汗をぬぐいながら淡々と振り返る顔には、激闘を物語る血の痕が残っていた。

 今年4月の全日本選手権で「国内最強」の称号を取り戻した。「日本王者は世界で勝たなきゃいけない」。王者の意味を知るベテランは、合宿で自らを追い込み続けた。篠原監督も「モチベーションが高いし、いい練習をしてる」と昨年よりギアが上がっていることを認めた。だが、世界は甘くはなかった。初戦、2戦目は一本勝ちしたが、最重量級では計量の110キロの体には疲労もたまっていた。

 「重量級相手に試合を重ねるとしんどい。足技やうまさでさばけるレベルじゃなかった」と篠原監督。それでも鈴木は「挑戦をやめるなんてことは絶対ない。この思いをぶつけたい」とロンドン五輪での雪辱を約束した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2011年8月28日のニュース