美香、序盤で優勝争いから脱落“悔しい”9位

[ 2011年7月25日 06:00 ]

エビアン・マスターズ最終日

(7月24日 フランス・エビアン・マスターズGC=6345ヤード、パー72)
 宮里美は序盤で優勝争いから脱落した。首位と4打差の8位からスタート。序盤のバーディーチャンスを生かせずに、5、6番で痛恨の連続ボギーを叩いた。

 直後に連続バーディーを奪ったものの、もはやあとの祭り。5位と健闘した前戦の全米女子オープンの後、拠点を置く米フロリダのIMGアカデミーでスタッフとミーティングを持ち、メンタルコーチらと「勝つまではもう少し」と話した。そのために必要なものは「精神面」と確認し合った。最後まで諦めない粘り強さは見せたが、優勝争いの輪には加われず9位に終わった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年7月25日のニュース