稀勢の里 日馬の全勝V阻止で大関獲りの足固め

[ 2011年7月25日 06:00 ]

大相撲名古屋場所千秋楽

(7月24日 愛知県体育館)
 関脇・稀勢の里が全勝優勝を狙った日馬富士を激しい攻防の末、逆転の突き落としで破った。「来場所のために頑張ることだけを考えて取った」。

 大関獲りの足固めとなる10勝目を気合のこもった内容で勝ち取り、この日一番の歓声を浴びた。琴奨菊、鶴竜が来場所に大関昇進を懸けて戦うだけに「自分もプレッシャーの中で相撲を取ることを経験してみたい。8月に力をつけて秋を迎えたい」と刺激を受けていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年7月25日のニュース