白鵬、3敗目も完全燃焼を強調「悔いはない」

[ 2011年7月25日 06:00 ]

大相撲名古屋場所千秋楽

(7月24日 愛知県体育館)
 横綱・白鵬は大関・把瑠都の左上手投げで3敗目を喫した。13日目の琴欧洲戦で手をついた際に「違和感を感じた」という左肘にサポーターを着用していたが「お客さんが多いし何とか頑張ろうと。15日間に悔いはない」と完全燃焼を強調した。

 前人未到の8連覇は逃したが「さりげなくやっているうちに、いずれね」と再びチャンスが来ると信じている。今場所獲得した懸賞金(手取り375万円)は、東日本大震災で被災した岩手県山田町へ土俵再建費用の一部として寄付する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年7月25日のニュース