世界体操前哨戦に意欲 日本女子が合宿公開

[ 2011年6月29日 18:17 ]

 体操の世界選手権(10月・東京)でロンドン五輪団体総合の出場権を目指す日本女子の代表候補が29日、前哨戦となるジャパン・カップ(7月2、3日・東京体育館)に向けた強化合宿を東京都内で公開し、エースの鶴見虹子(朝日生命)は「新メンバーも入ってチームのバランスはすごくいい。得意の平均台や段違い平行棒で貢献したい」と意気込んだ。

 ジャパン・カップで初めて日の丸を背負う最年少15歳の寺本明日香(レジックスポーツ)は「日本代表になって、とても燃えている」と意欲満々。田中理恵(日体大大学院)は「ダイナミックでミスのない演技」を目標に掲げた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年6月29日のニュース