錦織2年4カ月ぶりデ杯、単複出場に意欲

[ 2011年6月29日 06:00 ]

 日本テニス協会は28日、国別対抗戦デ杯アジア・オセアニアゾーン1部2回戦ウズベキスタン戦(7月8日開幕、兵庫県三木市)の日本代表を発表し、エースの錦織圭(21=ソニー)らが選ばれた。

 デ杯出場は09年3月の中国戦(大阪府門真市)以来2年4カ月ぶり。竹内映二監督(52)は初めてシングルスとダブルスに出場させる可能性を示唆し、本人も「行けと言われればどちらも行きます」と意気込んだ。勝てば9月のワールドグループ入れ替え戦に進出する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年6月29日のニュース