カナックス 3度目の正直ならず…ファン暴徒化

[ 2011年6月16日 15:20 ]

優勝を逃し肩を落とすカナックスの選手たち

NHLスタンリー・カップ決勝第7戦  カナックス0-4ブルーインズ

(6月15日 バンクーバー)
 17年ぶり3度目の決勝進出で、カナックスはまたしても優勝カップを掲げることができなかった。期待を裏切ったGKルオンゴは「1年間努力してここまで来たのに、こんな形で終わるなんて」とうなだれた。
 アイスホッケーを国技と誇るカナダに本拠地を置きながら弱小としての歴史が長かったチームが、今季初めてレギュラーシーズンを1位で通過した。優勝すれば、地元バンクーバーにとっては昨年の冬季五輪でのカナダの金メダルを上回る出来事になるはずだった。
 それだけに失望は大きく、試合後は暴徒化したファンがパトカーに放火するなどの騒ぎが起きた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年6月16日のニュース