3児の母の美憂 正式に3度目現役復帰を宣言

[ 2011年6月16日 06:00 ]

会見する山本美憂

 レスリング女子元世界女王の山本美憂(36=フリー)が15日、都内で会見を行い、正式に現役復帰を宣言した。

 山本の復帰は04年以来3度目で、階級は国内に世界女王の坂本日登美(30=自衛隊)のいる48キロ級。山本は「レスリングをする自分をもうちょっと続けたいなと思う。目標はロンドン五輪です。五輪の金メダルは、目標というより、自分のプランの中に入っている」と来年のロンドン五輪の金メダルまで約束した。

 今年9月の世界選手権(トルコ)で坂本が勝てば、五輪出場への残されたチャンスは12月の全日本選手権と来年5月の全日本選抜で連続優勝した上で、坂本とのプレーオフを制すること。3児の母は現在、欧州にレスリング留学中の長男・アーセンくん(14)に触れながら「息子は16年リオ五輪の金メダルを目指している。私がロンドンのチャンピオンになってバトンを渡せたら」と言葉に力を込めた。すでに練習は週6日のペースでこなすこともあり、体重は52キロという。この日、2人の子供を連れ、カナダへ出発。来月2日のカナダ杯で7年半ぶりのマットに立つ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年6月16日のニュース