アジア選手権代表に美女ランナー市川ら89人

[ 2011年6月16日 06:00 ]

陸上・アジア選手権の日本代表選手発表会見で、ポーズする市川(右)と江里口

 日本陸連は15日、アジア選手権(7月7~10日、神戸)に臨む女子100、200メートル日本記録保持者の福島千里(北海道ハイテクAC)や、男子やり投げの村上幸史(スズキ浜松AC)ら代表選手を発表した。

 男子は村上をはじめ日本選手権100メートル3連覇の江里口匡史(大阪ガス)ら49人で、女子は福島や、市川華菜(中京大)ら40人が選ばれた。優勝者は今夏の世界選手権(韓国・大邱)参加標準記録A突破と同等に扱われるだけに、美女ランナーとして人気の市川は会見で「他の国の人に負けないように頑張りたい」と抱負を語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年6月16日のニュース