日本代表・松本新監督「第二の中野浩一を育てたい」

[ 2011年5月16日 14:21 ]

自転車の日本代表監督に就任し、中野浩一強化委員長(右)らと握手する松本整氏(中央)

 自転車の日本代表監督に就任した元競輪選手でスポーツトレーナーの松本整氏(51)が16日、山口県防府市の防府競輪場で記者会見し「第二の中野浩一となれるような世界のスーパースターを育てたい」と意気込みを語った。

 松本監督は2004年の現役引退後、フィギュアスケートの織田信成(関大大学院)やスケルトン元五輪代表の越和宏氏のトレーナーを経験。「チャンピオンの考えは理解している。ノウハウや研究してきたことを伝えて、選手の能力を開花させたい」と語った。

 選手時代から松本監督とともに練習を積んだ中野浩一強化委員長は「他競技の選手からも信頼されている。一緒にやるのは松本君しかいないと思った」と期待を寄せた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2011年5月16日のニュース