審査場所 「ひよの山」もいません…

[ 2011年5月9日 06:00 ]

技量審査場所初日

(5月8日 東京・両国国技館)
 【審査場所アラカルト】

 ☆表彰 優勝と三賞は表彰されるが、天皇賜杯および外部表彰はなし。

 ☆幟(のぼり) 力士らのしこ名が書かれた幟は掲げられず、震災復興の幟が登場。

 ☆懸賞&広告 呼び出しの着物の背中に掲載される広告は自粛。懸賞もなし。

 ☆優勝額 館内に掲示される優勝額は本場所でないために作製しない。

 ☆相撲案内所 20軒ある案内所はすべて休業。従業員の一部は場内整備や案内係として勤務。

 ☆物販 携帯ストラップやしこ名が入った湯飲みなど関連グッズは発売中止。ちゃんこサービスも中止し弁当や菓子、つまみ類のみを販売。国技館の入場門近くでは両国で営業するちゃんこ店などが臨時で出店し、弁当を販売。

 ☆公式キャラクター「ひよの山」 関連グッズは販売中止。ファンサービスとして実施していた「ひよの山」の着ぐるみも休場。

 ☆定点カメラ NHKの中止に伴い、審判部のビデオ判定用に館内5カ所に定点カメラを設置。支度部屋などにも映像が送られた。

 ☆照明 節電対策で館内は通常の60%の照明で実施。土俵下だけは通常と変わらない明るさを維持。

 ☆アルコール 持ち込みおよび飲酒は禁止。

 ☆監察委員 東西の支度部屋に1人を配置。また土俵近くにも1人が配置された。十両と幕内で交代。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年5月9日のニュース