野尻 世界に感謝走!ロンドンでファンの温かさ実感

[ 2011年4月22日 06:00 ]

記念写真に納まる世界陸上選手権男女マラソン代表の野尻(前列右から2人目)ら10選手

 日本陸上連盟は21日、世界選手権(8月、韓国・大邱)女子マラソン代表の4選手を新たに発表し、野尻あずさ(28=第一生命)らが選ばれた。

 野尻は2月のニュージーランド合宿中に大規模地震に遭い、出場予定だった3月の名古屋国際女子は東日本大震災の影響で中止となった。「自分が今、走れることがどれだけ幸せなことか」。東日本大震災の被災者のことを思うと、自然と感謝の気持ちがわき出た。

 17日のロンドンでは12位ながら2時間25分29秒で選考対象選手のトップになった。沿道のファンからは寄せ書きの入った日の丸で励まされ「世界中の人が日本を応援してくれている。走っている中でこみ上げてくるものがあった」という。スキー距離から陸上転向3年目の異色のランナーは「日本の野尻あずさ、ここにありを見せたい」と韓国での力走を誓った。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年4月22日のニュース