陸連新体制 強化委員長がロンドン監督へ

[ 2011年4月21日 06:00 ]

 日本陸連の強化委員会は20日、高野進強化委員長が12年ロンドン五輪に向けた監督に就任すると発表した。強化委員長が監督に就任するのは既定路線だが、五輪まで1年半を切り、強化体制を早めに構築するのが狙い。

 3期目の強化委員長となる高野監督は、五輪に向け「集大成として最高の成績を目指したい」と語った。男女のマラソン部は、8月の世界陸上(韓国・大邱)の目標を「男子が入賞1、団体戦の銅メダル」「女子はメダル1、入賞1」と掲げた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年4月21日のニュース