為末 08年北京五輪以来の400障害復帰

[ 2011年4月18日 06:00 ]

 陸上男子400メートル障害の日本記録保持者、為末大(32=a―meme)が17日、金沢市内での記録会で08年北京五輪以来の同種目復帰を果たした。

 強い向かい風のため、タイムは日本記録の47秒89に程遠い51秒26。ただ、両膝や左アキレス腱痛で苦しんできただけに「タイムは50%くらいの満足度だが、痛みなく全力で走れることがうれしい。まずは第一歩」と喜んだ。6月の日本選手権出場に必要な参加標準記録(50秒80)突破を目指し、今後は5月3日の静岡国際などへの出場を予定している。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年4月18日のニュース