近代五種協会 副会長に「ヤンキー先生」

[ 2011年4月7日 18:39 ]

 日本近代五種・バイアスロン連合が分離して1日に発足した日本近代五種協会(木本由孝会長)は7日、東京都内で役員会を開き、元高校教諭で「ヤンキー先生」として知られる参院議員の義家弘介氏(40)の副会長就任を承認した。義家氏がスポーツ団体で役員を務めるのは初めてという。任期は来年3月末までの1年間。

 大内重則専務理事は、これまでバイアスロンと二分していた約1500万円の強化費を丸々使えることを分離のメリットとして挙げて「国際大会の代表もこれまで絞って派遣していた。強化に力を入れられるようになる」と述べた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年4月7日のニュース