世界柔道代表 女子48キロ級は福見、浅見

[ 2011年4月3日 18:25 ]

 全日本柔道連盟は3日、世界選手権(8月23~28日・パリ)の男女各6階級の代表計24人を発表し、女子48キロ級は福見友子(了徳寺学園職)浅見八瑠奈(コマツ)を選び、同日の全日本選抜体重別選手権を制した山岸絵美(三井住友海上)は落選した。

 女子78キロ超級は17日の全日本女子選手権後、男子100キロ超級は29日の全日本選手権後に代表を決める。

 代表は次の通り。

 【男子】60キロ級 平岡拓晃(了徳寺学園職)山本浩史(日体大)▽66キロ級 森下純平(筑波大)、海老沼匡(明大)▽73キロ級 中矢力(東海大)、秋本啓之(了徳寺学園職)▽81キロ級 中井貴裕(流通経大)高松正裕(神奈川・桐蔭学園高教)▽90キロ級 西山大希(筑波大)小野卓志(了徳寺学園職)▽100キロ級 穴井隆将(天理大職)高木海帆(東海大)

 【女子】48キロ級 福見、浅見▽52キロ級 西田優香(了徳寺学園職)中村美里(三井住友海上)▽57キロ級 松本薫(フォーリーフジャパン)佐藤愛子(了徳寺学園職)▽63キロ級 上野順恵、阿部香菜(ともに三井住友海上)▽70キロ級 国原頼子(自衛隊)田知本遥(東海大)▽78キロ級 緒方亜香里(筑波大)池田ひとみ(自衛隊)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2011年4月3日のニュース