男子40キロリレーで過去最高6位に

[ 2011年3月4日 23:01 ]

男子40キロリレーで6位入賞を果たした日本の(左から)清水、吉田、木村、成瀬

 ノルディックスキーの世界選手権第10日は4日、オスロで行われ、距離男子40キロリレーで清水康平(日大)吉田圭伸(自衛隊)木村正哉、成瀬野生(ともに岐阜日野自動車)で臨んだ日本は1時間41分49秒4で五輪、世界選手権の男女リレー種目で過去最高となる6位に健闘した。従来の最高位は1998年長野冬季五輪の男子と、2009年世界選手権の女子が記録した7位だった。

 ▽岡本英男コーチの話 幸運がないと、このような成績は出ないが、複数人数で力を合わせる種目をメーンに取り組んできたのは事実。スキーの聖地で好結果を出せたことは意義がある。

 ▽成瀬野生の話 みんなで喜べたのは良かった。まだステップ。目指すのは一番上。まだまだ遠い。若いチームで(入賞を)できたのが大きい。次につなげたい。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年3月4日のニュース