デ杯フィリピン戦 日本がシングルス2連勝

[ 2011年3月4日 22:04 ]

 男子テニスの国別対抗戦、デ杯アジア・オセアニアゾーン1部1回戦の日本―フィリピン第1日は4日、フィリピンのラプラプでシングルス2試合を行い、日本は伊藤竜馬(北日本物産)と添田豪(空旅ドットコム)が勝って2連勝となった。あと1勝で2回戦に進出する。

 伊藤はセシル・マミートを6―4、6―7、6―3、6―7、9―7で下し、添田はジョニー・アルシヤを6―3、6―3、6―3で退けた。

 5日はダブルス1試合を行い、負傷した杉田祐一(三菱電機)に代わって代表入りの近藤大生(アイシン精機)と鈴木貴男(イカイ)のペアが出場する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年3月4日のニュース