W杯4度制覇 ポーランドの英雄が今季限りで引退

[ 2011年3月4日 08:47 ]

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ総合を4度制したスター選手でポーランドの英雄、アダム・マリシュ(33)が3日、今季限りで現役を退くことを表明した。オスロでの世界選手権のラージヒルで11位に終わった直後に、母国のテレビ局に話した。

 口ひげがトレードマークのマリシュは169センチと小柄だが、爆発的な瞬発力を武器にして2000~01年シーズンからW杯総合を3連覇した。W杯は歴代2位の通算39勝。冬季五輪での優勝はないが、昨年のバンクーバー五輪と02年ソルトレークシティー五輪で銀3、銅1のメダルを獲得した。世界選手権は07年札幌大会ノーマルヒルを含めて4勝した。

 W杯終了後の26日に、地元のザコパネで開く引退イベントで最後のジャンプをする。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年3月4日のニュース