真央、3回転半が好調!安藤、鈴木もSPへ調整

[ 2011年2月18日 21:03 ]

公開練習で調整する浅田真央

 フィギュアスケートの四大陸選手権で19日の女子SPに登場する世界女王の浅田真央(中京大)や全日本選手権覇者の安藤美姫(トヨタ自動車)は18日、公式練習で調整し、浅田は高い確率でトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めた。

 公式練習は昼と夜に40分ずつあり、安藤は夜の枠を休養に充てた。鈴木明子(邦和スポーツランド)は精力的にジャンプを跳んだ。

 29選手が出場するSPの滑走順も決まり、安藤は19番、浅田は24番、鈴木は26番となった。浅田は最終組の1番滑走を「良かったと思う」と歓迎し、安藤は「順番は気にしない」と話した。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年2月18日のニュース