NBA前半戦終了 スパーズが最高勝率

[ 2011年2月18日 17:09 ]

 米プロバスケットボールのNBAは17日で前半戦を終了し、西カンファレンスの南西地区で首位のスパーズがリーグ最高勝率の46勝10敗で折り返した。3連覇を狙うレーカーズは3連敗となったが、太平洋地区の首位をキープ。北西地区のサンダーも首位を守った。

 東カンファレンスは好調のヒートが41勝15敗で南東地区の首位を堅持。中地区はブルズ、大西洋地区は昨季準優勝のセルティックスが2位以下を大きく引き離している。

 オールスター戦は20日に開催され、後半戦は22日に始まる。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年2月18日のニュース