美香“粘って”11位…7差もチャージに意欲

[ 2011年2月18日 06:00 ]

第1ラウンド、1番でティーショットを放つ宮里美香

ホンダLPGA

(2月17日 タイ・パタヤ サイアムCC=6469ヤード、パー72)
 宮里美が粘って2アンダーの11位に付けた。序盤は「変な感じ」と緊張から2、3番で連続ボギー。

 8、9番もショットがぶれてグリーンを外したが、アプローチでしっかり寄せてともにパーでしのぐと、徐々にリズムをつかみ、後半は3バーディーと巻き返した。首位と7打差にも「パットが入ればスコアは出るコース」とチャージに意欲を見せていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年2月18日のニュース