奥島座長、八百長問題の調査に“物言い”

[ 2011年2月18日 06:00 ]

大相撲八百長問題

 独立委の奥島座長が八百長問題に関する特別調査委員会の調査に物言いをつけた。疑惑をかけられている14人の力士、親方は同委員会から携帯電話の提出を求められているが「通信の秘密。憲法問題になりかねない。任意提出でも実際は強制的なもの」と手法に疑問の声をあげた。

 また、処分決定に時間がかかっていることについても「(証拠が出ている人を)処分し、根気よく調査をやっていくべき」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年2月18日のニュース