日本勢は全員最終組 小塚16番、高橋17番

[ 2011年2月17日 11:07 ]

公式練習で調整する高橋大輔

 フィギュアスケートの四大陸選手権で18日に実施する男子ショートプログラム(SP)の滑走順抽選が17日に台北であり、日本勢はいずれも最終組で小塚崇彦(トヨタ自動車)が16番、高橋大輔(関大大学院)は17番、羽生結弦(宮城・東北高)は18番に決まった。20人が出場し、4組に分かれて演技する。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年2月17日のニュース