どうなる懸賞金 永谷園は未定、マクドナルドは「応援したい」

[ 2011年2月5日 08:27 ]

2010年7月、名古屋場所の土俵上を回るマクドナルドの懸賞

大相撲八百長メール問題

 八百長疑惑の噴出で3月の春場所開催が危ぶまれている大相撲。懸賞金の提供をめぐり、企業側の対応は分かれている。

 懸賞金は1本6万円。1場所約200本を提供してきた「永谷園」は野球賭博事件を受け昨年7月の名古屋場所は提供をやめ、9月の秋場所から復活させている。春場所でどうするかは未定で「事態の推移を見守りたい」とコメントした。

 昨年の名古屋場所から提供を始めたニュース証券(東京)は「日々厳しいけいこに励む力士のため」と、春場所も提供する。2009年から提供を続けている日本マクドナルドも「日本の国技であり続ける以上、応援していきたい」と話す。

 横綱白鵬を複合機のCMに起用した富士ゼロックスは「野球賭博後、相撲界の再建に期待していただけに非常に残念」とコメント。1月の初場所に懸賞金を提供したが、春場所をどうするかは日本相撲協会側の調査結果を待って対応を決めるという。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年2月5日のニュース