それでも集中保った宮里藍「あとひと踏ん張りで見えてくる」

[ 2010年8月29日 14:04 ]

 世界ランキング1位の宮里藍は追い上げを期待されたが、1つスコアを伸ばすにとどまった。風が止まったこの日はコースに無数の蚊が発生し「常に自分の周りにいて、集中するのが大変だった。今日は蚊との戦いでした」と苦笑いした。

 3番で3メートルを沈めバーディーを先行させて力強いガッツポーズ。パー5の5番でも3メートルのバーディーパットを沈めた。躍進の気配を漂わせたが、グリーンを外した8番で寄せに失敗してボギーをたたき勢いは止まった。
 集中力は高く保った。16番では4メートルのスライスラインを読んでねじ込み、この日のスコアをアンダーパーに。「よく我慢できたし、最終日につながるバーディーだった」と満足した。首位とは9打差。2週連続優勝は厳しいが「あとひと踏ん張りでトップ10も見えてくる」と闘志を見せた。(共同)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2010年8月29日のニュース