「スポーツ観光マイスター」にトルシエ氏ら3人任命

[ 2010年7月6日 19:34 ]

 観光庁は6日、スポーツ観戦を核とした旅行をPRする「スポーツ観光マイスター」に2002年のサッカー・ワールドカップ(W杯)日韓大会で日本代表監督を務めたフランス人のフィリップ・トルシエ氏(現FC琉球総監督)ら3人を任命すると発表した。8日に任命式を行う。

 ほかの2人は、自動車のルマン24時間耐久レースに長年参戦しているレーシングドライバー寺田陽次郎氏(神戸市出身)、トライアスロン歴20年の小原工氏(鳥取県米子市出身)。観光庁は「知名度を生かし、それぞれの競技界でスポーツ観光をPRしてほしい」と期待を寄せている。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2010年7月6日のニュース