さくら 帽子が「池ポチャ」も暫定首位キープ

[ 2009年11月15日 06:00 ]

<伊藤園レディー2日目>3番ホール、ティーショットを放つ横峯さくら

 女子ゴルフツアーの伊藤園レディース第2日は14日、千葉県長南町のグレートアイランド倶楽部(6619ヤード、パー72)で行われたが、荒天のため2時間中断し22人がホールアウトできず、最終組は4ホールを残してサスペンデッドとなった。初日首位の横峯さくら(23=エプソン)は14ホールを終え4バーディー、1ボギーの通算8アンダーで暫定首位。同じく14ホールを終え全美貞(27=韓国)が2打差の同2位、さらに1打差の同3位で上原彩子(25=フリー)らが続いている。最終日は第2ラウンドの残りを消化して最終ラウンドをスタートさせる。

【第2R】

 横峯がスタートした正午すぎ、雨は収まったものの、瞬間最大16メートルを超える強風がコース内を吹き荒れていた。グリーン上では落ち葉が舞い踊り、2番ホールで横峯がアドレスに入ろうとした時に帽子が飛ばされ隣の池にまさかの「池ポチャ」。「入りましたねえ。危ないと思って、きつく締め直した途端でした」。雨に備え用意した帽子に替えたが、スコアには池ポチャはなし。

 直後の3番で初のバーディーを奪うと8番は3メートル、11、14番でもバーディーチャンスを決めて8アンダーと伸ばす。先週からパターを替えパットが好調で「強風の中、いいプレーができたし、パットは自分のタッチで打てる」と自信ものぞかせる。いい感覚を忘れないように、サスペンデッドとなると日没を惜しむように、練習グリーンで打ち続けた。

 優勝賞金は1620万円。今季5勝目を手にすれば、約1900万円差あるトップの諸見里を射程圏にとらえる。「優勝は簡単ではない。(金額が)縮まれば、うれしいけど」と賞金女王への思いをうかがわせた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2009年11月15日のニュース