貴親方 憲子さん批判“相撲にもう関わりない”

[ 2008年6月2日 06:00 ]

 大相撲の「八百長裁判」で、被告の講談社側が証人として申請し、東京地裁から認められた藤田憲子さんの次男・貴乃花親方(元横綱)は大相撲最強決定戦の審判を務めた後「(出廷して協会と対立するようになったら)責任の所在をはっきりするしかない」と役員待遇委員と審判部副部長を辞任する意向をあらためて示した。藤田さんについては「(先代二子山親方と離婚して)自分から部屋を出ていった人。相撲界にまつわる話をテレビに出たりして意見を述べる立場ではない」と批判した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2008年6月2日のニュース