こだわり旬の旅

【福島市】ぶどう、なしがたわわに!「フルーツライン」で旬の味覚に舌鼓

[ 2020年10月5日 13:57 ]

果樹園内では家族連れがぶどう狩りを楽しんでいた
Photo By スポニチ

 福島市は知る人ぞ知る“果樹王国”。市の西側、飯坂温泉から国道115号線までの約14キロを「フルーツライン」と呼び、道路沿いには50軒近い果樹園が点在する。スカイラインからの帰路、通ってみたが、どの店にも今が盛期のぶどう(ピオーネ、巨峰など)やなし(二十世紀、豊水など)などが並び、車窓から見るだけでもおいしそう。

 「お土産にしよう」と、ひときわ買い物客でにぎわう「まるえ観光果樹園」=(電)024(558)0516=に立ち寄ったが、試食しながら買い物できるのがうれしい。屋外の果樹園ではぶどう狩り(土・日・祝日1200円、平日990円)やなし狩り(同770円、550円)なども楽しめ、たわわに実ったぶどうやなしの下で家族連れの歓声がわき起こっていた。10月から12月初旬にかけては、りんごが本格的な旬を迎える。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る