こだわり旬の旅

【青森】絶品郷土料理とともに楽しむ、ド迫力の津軽三味線ライブ

[ 2020年2月2日 15:57 ]

あいやで聴いた津軽三味線のライブ。迫力タップリです
Photo By スポニチ

 青森でねぶたと並ぶのが津軽三味線。県西部の津軽地方で生まれた音楽で、居酒屋「ふる里の響き あいや」(弘前市)で生演奏と郷土料理に酔い痴れた。ライブの店というから広いかと思ったら、1階はテーブル席28(2階35席)とこじんまりしたスペース。その分ステージは目の前で、登場した成田健男さん(72)、今井実さん(68)の演奏は迫力たっぷり。「津軽じょんがら節」や「津軽よされ節」など、バチを叩きつけるように弾く、テンポの速い打楽器的奏法に圧倒された。

 食事メニューは新鮮な刺身をはじめ嶽きみ(とうもろこし)天ぷら、黒石豆腐、ホタテの貝焼みそ、山菜のみそ汁・けの汁などご当地ものばかり。心底から津軽を満喫した。生演奏は午後7時から2回。ドリンク付きのコースメニュー3500円から。弘前駅からタクシーで5分。(電)0172(32)1529。弘前にはほかにも津軽三味線酒場があり、問い合わせは弘前観光コンベンション協会=(電)同(35)3131。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る