こだわり旬の旅

【島根】出雲大社から縁占いの八重垣神社へ…良縁を求めてパワースポット巡り

[ 2020年1月1日 09:58 ]

全国から万の神が集うという出雲大社
Photo By スポニチ

 美肌の次にご縁を求めてJR山陰本線出雲市駅からバスで25分の出雲大社を訪ねた。旧暦10月に全国から八百万(やおよろず)の神が集い、縁結びの神議(かむはか)りが行われる場所で、出雲路が“縁結びの地”といわれるユエン。主祭神オオクニヌシノオオカミの父神であるスサノオノミコトによる“ご縁パワー”なのか、スサノオがクシナダヒメと新居を構えた八重垣神社(同線松江駅から車で15分)の鏡の池では、和紙(100円)に硬貨を乗せて水面に置き、早く沈めば良縁が早く、遅いと縁が遅いと伝えられる“縁占い”が人気だ。

 また、出雲市駅からバスで45分の日御碕(ひのみさき)神社はアマテラスオオミカミを祭る日沈宮、スサノオノミコトを祭る神の宮からなり、縁結びがご利益。そのスサノオの御霊を祭るのが、同駅からバスで40分、須佐バス停からタクシーで5分の須佐神社。本殿裏にそびえる樹齢1300年以上の大杉が実に神々しかった。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る