こだわり旬の旅

【島根】薬膳料理でおいしく健康に 神話ゆかりの神西湖産シジミにも舌鼓

[ 2020年1月1日 09:57 ]

料亭ひがしやの薬膳料理。食べるだけで健康になりそう
Photo By スポニチ

 貴重なグルメも味わった。山陰本線出雲神西(じんざい)駅から徒歩25分の「料亭ひがしや」=(電)0853(43)1024=の薬膳料理(ランチ1500円から)。店主の小林敏行さんが健康づくりに役立とうと国際薬膳調理師の資格を取得し開発したもので、「あらゆる食材には効能があり、それらを組み合わせて調理し食べることで薬になる」という考え方をもとに、四季に合わせた食材をチョイス。秋は乾燥による呼吸器系トラブルの注意が必要なため、肺を潤すカボチャや百合根、白キクラゲなどに加え、神話ゆかりの神西湖で捕れた大和シジミ、うなぎなどを使用している。

 また、同線松江駅から車で25分、中海の大根島にある「牡丹と雲州人参の里由志園」=(電)0852(76)2255=では、血液サラサラ効果がある高麗人参のかまぼこや豆腐などを盛り込んだランチ(入園料込み2200円から)に舌鼓。人参茶も試飲して健康になった気分だ。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る