こだわり旬の旅

【奈良・橿原市】安倍晴明出生の地「安倍文殊院」へ凛々しい文殊菩薩に会いに行く

[ 2019年11月2日 15:56 ]

安倍文殊院の文殊菩薩。こちらは日本最大
Photo By スポニチ

 帰路は橿原神宮前駅から近鉄線を乗り継ぎ、桜井駅から徒歩20分の「安倍文殊院」に寄った。「三人寄れば文殊の知恵」の格言で知られる日本三文殊の一つで、645年に創建された。ご本尊は天才仏師・快慶の作と伝わる国宝の文殊菩薩で、高さ7メートルと日本最大。獅子に乗り、4人の脇侍を連れて海を渡る渡海文殊という姿は凜々しく、王子様のよう。

 境内の文殊池に浮かぶ金閣浮御堂・霊宝館は、この地で出生したといわれる陰陽師・安倍晴明らを祭るお堂で、七難に遭わないようにお堂の回廊を7度回って祈願する「七まいり」を実施。また、境内には高松塚古墳、キトラ古墳などとともに全国で7つしかない特別史跡に指定され、築造技術日本一とされる西古墳もあり、不思議な空間に包まれている。本堂拝観券700円(抹茶、菓子付き)、金閣浮御堂・霊宝館券700円(七まいりおさめ札、厄除け肌守り付き)。(電)0744(43)0002。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る