こだわり旬の旅

【九州・長崎&熊本】長崎山の幸で満腹バイキング 熊本では海鮮バーベキュー堪能

[ 2019年4月2日 16:57 ]

「おおむら夢ファーム シュシュ」の「ぶどう畑のれすとらん」のランチ。常時60種類もの料理が並ぶ
Photo By スポニチ

 長崎、熊本両県で好対照のグルメ店に出会った。長崎ではJR大村線松原駅から車で5分の「おおむら夢ファーム シュシュ」(大村市)=(電)0957(55)5288。地元農家150戸が出荷する野菜、果物、花など250種の商品が並ぶ直売所やアイス工房、パン工房、レストランなどがある農園で、人気は「ぶどう畑のれすとらん」のランチバイキング(1300円)。地元の季節の食材を使った料理が60種類も並び、食べきれないほど。隣接するテラスから大村湾を一望できる景観も抜群。「シュシュ」とは仏語で「お気に入り」という意味だそうだが、いっぺんで気に入った。

 長崎県が農産物なら熊本県は海産物で、鬼池港から車で2分の「天草海鮮」(天草市)=(電)0969(52)7707。うに、アワビ、エビ、タイなど天草ならではの海鮮ランチが楽しめる。1番人気という「海鮮バーベキュー はまんこら(方言で“浜の”の意味)焼セット」(2160円)をオーダーしたが、エビ、アワビ、ヤリイカ、ヒオウギ貝、アジ、キビナゴと海の幸がてんこ盛り。炭火で焼きながら食べる味はまた格別だ。仕上げは渡りガニのみそ汁とおにぎり。こちらも焼きおにぎりにしてもよし。屋根付きの会場だが、バーベキューの豪快さは十分に味わえた。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る