こだわり旬の旅

【静岡市】知ってました?実はレッサーパンダの“聖地”

[ 2018年10月2日 18:01 ]

まるでぬいぐるみのようにかわいい日本平動物園のレッサーパンダ
Photo By スポニチ

 「歴史を動かした聖地」ともいえる静岡市だが、「レッサーパンダの聖地」でもある。その拠点となっているのが「日本平動物園」。森林伐採などの影響から生息数が減少し、IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストに絶滅危惧種として挙げられているレッサーパンダだが、同動物園では1980年(昭55)に中国から日中友好の動物大使として贈られたのを機に飼育を開始して以来、全国の動物園に飼育指導や繁殖管理を行っているのだ。

 静岡駅からバスで約20分。そのかわいさに逢いたくて訪ねると、飼育中の7頭のうちオスのタクくん、メスのニコちゃん、スミレちゃんの3頭が展示され、木を登ったり、寝そべったり…で、ぬいぐるみのよう。立つレッサーパンダとして注目された風太くんも、この動物園で誕生。スミレちゃんは風太くんの孫だそうで、レッサーパンダの繁殖が順調なことをうかがわせた。(電)054(262)3251。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る