こだわり旬の旅

【富士御箱】あの名作もCMもここで撮られた 御殿場の隠れ名所「二岡神社」

[ 2018年6月2日 19:01 ]

ひっそりとたたずむ二岡神社社殿。auのCMで見たような見ないような
Photo By スポニチ

 御殿場市といえばアウトレットが人気だが、隠れ名所として知られるのがJR御殿場線御殿場駅からバスで約15分の二岡(にのおか)神社。日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征の時、富士山本宮浅間大社の祭神、木花之佐久夜毘売命(このはなさくやひめのみこと)の社(やしろ)を建立したのが始まりといわれ、北駿地方で最も歴史ある神社の一つだ。

 スギの巨木が立ち並ぶ参道をしばらく歩くと、荘厳な造りの社殿に着く。当時の領主だった大森道光が1422年(応永29)に寄進したという灯籠が目を引くが、近年は映画などのロケ地として注目の的。黒澤明監督の映画「七人の侍」、北野武監督の映画「座頭市」、中居正広主演のドラマ「私は貝になりたい」、auのテレビCM「三太郎の出会い」などで使用され、「赤毛のアン」の翻訳者、村岡花子が文学者になる決心をした場所としても脚光を浴びている。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る