こだわり旬の旅

【京都】謎解きイベントも大好評 鉄板人気の「京都鉄道博物館」

[ 2018年2月4日 18:00 ]

京都鉄道博物館で人気の「京都鉄道ミステリー」。キットを手に「いざ、スタート!」
Photo By スポニチ

 寺院巡りの後は京都の人気スポット、京都駅から徒歩20分の京都鉄道博物館(入館料1200円)に寄った。「見る、さわる、体験する」をコンセプトに、蒸気機関車から新幹線まで53両を展示する鉄道のテーマパーク。蒸気機関車が牽引する「SLスチーム号」に乗ったり、鉄道ジオラマや運転シミュレータが体験できるなど、体験ものもいろいろ用意されている。

 イベントも豊富で、人気は「京都鉄道ミステリー その博物館には優れた車両と謎がある」。謎解きガイドブック、マップ、ペグシル、クリアバッグのキット(税込2000円)を手に、館内から京都駅まで仕掛けられた謎解きに挑戦するもので、参加料は入館料込み2700円(税込)。好評のため、当初1月8日までだった開催日が5月6日まで延長になった。

 スタートは館内1階の「鉄道のあゆみ」エリアで、ガイドブックの言葉の空欄に正解を記入。次に2階の各エリアでガイドブックが問いかける謎の答えを見つける。次もガイドブックの指定に沿って歩き、帽子を作ってかぶったら、最後は京都駅に隠された謎を解いて終了。すべて正解しても賞品はないが、ただ見物するよりも博物館のことを理解でき、鉄道ファンならずとも楽しめる。

 このほか、ミュージアムショップではオリジナルネクタイやヘッドマーククッキー、電車缶クランチチョコレートなど同館オリジナル商品約800点を販売。おなかが空いたら、78年(昭53)まで活躍したブルートレイン「ナシ20形24号車」の食堂車で、923形ドクターイエローランチBOX(税込1350円)やウメテツランチBOX(同1500円)などオリジナル弁当を味わうのも楽しい。寺院とは好対照のラインアップが新鮮だった。(電)0570(080)462。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る