こだわり旬の旅

【京都】ランチは老舗で京の味を 便利な定期観光バス

[ 2018年2月4日 18:01 ]

定期観光バス「京の建築・名宝めぐり」コースで味わえる「高澤」の京料理
Photo By スポニチ

 文化財特別公開中の寺院などを効率よく回るには定期観光バスを利用すると便利だ。「京の幕末・維新の歴史をたずねて」「京の『鳴き竜』と庭園の美をたずねて」「京の建築・名宝めぐり」「京のこだわりの味めぐり」とテーマに合わせて4コース設定されており、いずれも料金は9200円。京都駅を発着点に所要5〜6時間半で、老舗京料理店での昼食が用意されている。

 記者もそのうちの一つ、「全箇所『京の冬の旅』初公開を巡る」という「京の建築…」コースに乗り、東福寺の塔頭寺院「栗棘庵(りっきょくあん)」で「高澤」の京料理を味わった。創業80年、初代が魚店を営んでいたことから鮮魚料理に定評がある店で、タイやサワラなどの鮮魚を巧みに使用。ちりめんじゃこのご飯がよくマッチしていた。問い合わせは京都定期観光バス予約センター=(電)075(672)2100。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る