こだわり旬の旅

【大分】梅の郷で梅酒&梅の養生膳を 新名所は梅づくし温泉

[ 2017年12月3日 17:28 ]

梅の郷にオープンした奥日田温泉「うめひびき」。“梅づくし温泉”を目指す
Photo By スポニチ

 “温泉県”大分県にまた新名所が誕生した。九州北部豪雨被害から立ち直った日田市のJR九大本線日田駅から送迎バスで約25分の奥日田温泉「うめひびき」=(電)0973(52)3700。JR九州の直営で、この11月にオープンしたばかり。一帯は九州最大の梅の郷で、館名はもとより、部屋にも梅の名前を付け、夕食には梅の養生膳を提供するなど「梅づくし温泉」を目指している。

 施設は本館、新館、離れ計32室のほか、ウェルカムドリンクを提供し、夜は梅酒バーになる「ラウンジ藤五郎」、朝食後にコーヒーなどが外で楽しめる「あさもやテラス」など充実。響渓谷を眺めながら入る大浴場露天風呂はまさに絶景の湯だ。オープン記念として来年2月16日まで特別宿泊プラン(1泊2食税込1万4040円から)を実施中。隣接する「梅酒蔵おおやま」ではさまざまな梅酒を販売。試飲もできる。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る